文字サイズ

OTHER INFORMATIONS

学習センターとは?

子どものための人権学習・啓発教材

総合生涯学習センターでは、市民のみなさんが人権について学び、お互いの人権が尊重される社会の実現に向けて、人権に関する認識を深めていただくための啓発資料や教材を作成・配付したり、人権をテーマにした講座を実施することでプログラム開発に取り組んでいます。

1. 参加・体験型学習パネル「ともだち」

「ともだち」をテーマに、子どもたちがともだちについて考え直すきっかけになる参加・体験型学習パネルです。 「これってともだちかな?」「わたしのともだちはね...」「ともだち、どうしたの?」「どうする?どうしてほしい?」「ともだちになったよ」「いろんなともだちがいるよ」の6枚のパネルと、使用の手引きや実践ビデオなどがセットになっており、団体を対象に貸出しています。
小学校の低学年位の子どもの教育に最適です。

2.「はーと&はーと」絵本の配付

子どもと大人が一緒に読み、考え、話し合うことのできる絵本「はーと&はーと」絵本を、大阪市内の各学校園や保育所をはじめ市民に配布し、普及・啓発につとめています。

「はーと&はーと」絵本ホームページはこちら

 

3.「はーと&はーと」絵本団体貸し出し

大阪市教育委員会が作成・発行している「はーと&はーと」絵本や関連教材を団体向けに貸し出ししています。

1~3についての詳細については、企画推進課(06-6345-5004)までお問い合わせください。

「はーと&はーと」絵本団体貸出についての詳細はこちら

30秒でわかる
学習センター

生涯学習センターってなに?
そんな疑問にお答えします!