申し込み受付中
カルチャー

自閉症スペクトラム障害の ある人から見える世界―当事者研究を読み解く―

  • シェアする
開催日時

2020年2月29日(土) 13:30~15:30

申し込み期間 2019年12月10日(火)
〜 2020年2月20日(木)
開催場所 大阪市立阿倍野市民学習センター
参加費 無料
講師 川部哲也 大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科准教授、臨床心理士、公認心理師、博士(教育学)
対象 ご家族、または医療や教育、福祉等の現場等でASDのある方々と普段関わる機会の多い方
定員 40名(多数抽選)
申し込み方法

往復ハガキ・インターネット・来館にてお申込みください。

インターネットからの申込


【インターネット】
こちらからお申込みください。

お問い合わせ 大阪市立阿倍野市民学習センター
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300(あべのベルタ3階)
TEL:06-6634-7951 FAX:06-6634-7954
備考

最近「発達障がい」という言葉がよく見聞きされるようになってきました。
「自閉症スペクトラム障害(ASD)」は、発達障がいのひとつで、
社会的コミュニケーションの苦手さがあるとされています。
しかし、それはどのような「苦手さ」なのでしょうか?
ASDの人には、人や世界がどのように見え、感じられているのでしょうか?
当事者が執筆した手記を手掛かりに、その認知特性を考えてみたいと思います。
ASDの特性を理解することにより、ASDのある方々とどのように関わるかについて、
いっしょに考えてみませんか。