当日先着
イベント・その他

なんば駅前映画会(2019年6月) 上映作品「風の舞~闇を拓く光の詩~」

  • シェアする
開催日時

2019年 6月26日(水)

上映14:00~ (開場13:30~)

申し込み期間 当日
開催場所 難波市民学習センター 講堂
参加費 無料
講師
対象 どなたでも
定員 50名(当日先着順)
申し込み方法

申し込み不要。当日直接会場までお越しください。

上映作品「風の舞~闇を拓く光の詩」 上映時間60分

1996年、ハンセン病の患者を社会から強制隔離する「らい予防法」が廃止になった。しかし、隔離されていた患者の大半は、病気が癒えてもなお社会に出て行くことを許されず、実名を伏せ、肉親との絆さえ断ち切られ、長期にわたって過酷な人生を負わざるを得なかった。ハンセン病元患者として人生の大半を療養所の中で過ごした詩人・塔和子さんの人生にスポットを当て、ハンセン病強制隔離の歴史を見つめる。誤った認識の下、不当な差別や偏見にさらされ、近年に至るまで人権を無視した生活を強いられてきたハンセン病患者。人生の大半を療養所の中で過ごした詩人・塔和子さんの詩を通して、ハンセン病強制隔離の歴史を見つめるドキュメンタリー。

監督:宮崎信恵 詩の朗読:吉永小百合 ナレーション:寺田農