申し込み受付中
コミュニティ

いちょうカレッジ専科 まちづくりスキルアップ講座「人が集まる場づくり・ファシリテーションコース」

  • シェアする
開催日時

令和2年11月19日(木)、11月26日(木)、12月3日(木)全3回
13:30~16:30

申し込み期間 2020年9月30日(水)
〜 2020年11月5日(木)
開催場所 大阪市立難波市民学習センター 第 2 研修室
参加費 無料
講師 株式会社 Niesul 代表取締役 神野 沙樹
対象 どなたでも
定員 16 人(申込多数の場合は抽選)
申し込み方法

■インターネット
大阪市生涯学習情報提供システム「いちょうネット」(https://www.manabi.city.osaka.lg.jp/)から、
「講座・イベント」を選択し、キーワード欄に講座名を入力・検索のうえ、必要事項を入力してください。

または、こちらをクリックしてお申し込みください。

 

■往復はがき
①講座名「人が集まる場づくり・ファシリテーションコース」、②お名前(ふりがな)、③電話番号を明記し、
返信用あて名面に郵便番号、ご住所、お名前をご記入のうえ、下記お申込み先まで郵送してください。

■来館
返信用として63 円の郵便はがきをご持参ください。
(または、センター窓口で返信用はがき代63 円をお支払いください。)

 

※申込締切:11月5日(木)必着

ファシリテーションとは「場づくりの技術」のひとつです。※

みなさんは、町づくりの活動、趣味の団体、職場、家庭など、様々な「場」に所属されていると思いますが、「居心地の良い場」「意義のある場」とはどんな場でしょう。

この講座では、主催者・参加者という垣根を取り払い、その場に集う人にとって、より居心地の良い、意義のある場とするため、ファシリテーションを活かした場づくりの方法を学びます。

※ファシリテーションは様々な表現方法がありますが、本講座においてはこのように定義します。

(対象者~こんなことでお悩みの方)

・活動の場を主催している。メンバーがもっと積極的に参画してほしい

・職場のミーティングを、もっと活発に意見がでる場にしたい

・話合いの進行役になることが多く、もっとうまく場を回せるようになりたい。

・進行役になることは少ないが、よい場になるために参加者としてできることを知りたい