申し込み受付中
カルチャー

梅田で学ぶ月曜講座 第2期 『大阪の風土と文化ー大阪再起に向けた連続講座ー』

  • シェアする
開催日時

2020年(令和2年) 7月13日、7月27日、8月10日、8月24日、9月14日、9月28日

各月曜日 午前10時~12時


申し込み期間 2020年4月13日(月)
〜 2020年6月18日(木)
開催場所 大阪市立総合生涯学習センター 5階 第1研修室
参加費 4,800円(全6回分)
講師 池永 寛明(大阪ガス エネルギー・文化研究所 顧問)
対象 どなたでも
定員 56名(多数抽選)
申し込み方法

電話・FAX・インターネット(いちょうネット)・来館にて、
①講座名、②お名前(ふりがな)、③ご住所、④電話番号を明記の上
下記お問い合わせ先までお申し込みください。

インターネットでのお申し込みはこちら → 梅田で学ぶ月曜講座 第2期 申込みページ

お問い合わせ 大阪市立総合生涯学習センター
〒530-0001
大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
TEL 06-6345-5004 FAX 06-6345-5019

※講座内容に関するお問い合わせは
TEL 080-3000-1706
銀杏歴史研究会 (担当:森岡)まで
備考 こちらは「梅田で学ぶ月曜午後講座」とは別の講座・受付となります。

 


 豊臣氏の滅亡後、大阪は町人の町となり、経済・文化などにおいてさまざまな魅力あふれる商都になりました。当時の大坂の町人文化や風土、その後の近世大阪における建設などの街づくり・経済・思想文化の変遷を顧みながら、これからの大阪はどうなるのか?大阪は再起動できるのかを考えます。
 70年の万博とは違う超感性な大阪・関西万博を開催する必然性と現代性についても、池永寛明先生に詳しくご指導いただき、受講者の皆さんお一人お一人に“大阪を問いただしてもらう”講座です。


1 7/13
「大阪という町はこうしてつくられた -蓮如・秀吉・淀屋の時代-
2 7/27
「大坂の町人文化『こうと文化』 -近松・西鶴たちの元禄時代-
3 8/10
「日本 学びあった大坂の風土 -鴻池家と住友家と木村蒹葭堂と暁鐘成・緒方洪庵の時代-
4 8/24
「大坂から大阪。どのようにして再起動できたのか -明治維新から大大阪時代へ-
5 9/14
「大阪の本質『混じりあう文化』とは -戦後歪められた大阪イメージから『世界で住みたい都市3位』-
6 9/28
「大阪・関西をいかに再起動できるか -『大阪・関西万博』時代から、さらに100年先へ』-